東南ア、新車低迷一段と 4月上位3カ国販売20%超減

2015/6/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアの新車販売が一段と厳しさを増している。インドネシア、タイなど域内三大市場の販売台数は4月、前年同月比で軒並み20%以上減り、5月以降も不振が続く。国によって通貨安に伴う新車の値上げや消費税の導入などもあり、消費者の購買意欲が冷え込んだことが大きい。東南アジアでの新車販売の"失速"で、8割と高い市場シェアを握る日本メーカーへの逆風も強まっている。

■インドネシア、通貨安響く

「売れ行きが悪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]