2019年8月25日(日)

秋分の日は9月22日に、16年

2015/2/2付
保存
共有
印刷
その他

国立天文台は2日付の官報で、2016年の春分の日を3月20日、秋分の日を9月22日とする暦要項を発表した。

春分の日と秋分の日は、国立天文台が太陽の位置を計算し決める。秋分の日は9月23日が多く、22日となるのは12年以来で、それより前は1896年だった。

16年はうるう年。3月9日に皆既日食があり、日本では部分日食として観測できる。5月9~10日に水星が太陽の手前を横切る現象や、9月1日に金環日食があるが、いずれも日本からは見えない。

改正祝日法で16年からの実施が定められた8月11日の祝日「山の日」も暦要項に記載された。

国立天文台は二十四節気のほか、日の出日の入りや月の満ち欠けなどを計算し発表している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。