/

小池氏、消費増税の是非は景気みながら判断すべきと説明

記者会見する小池都知事(28日午後、東京都千代田区)

新党「希望の党」の代表を務める小池百合子東京都知事は28日午後、日本記者クラブで記者会見し、2019年10月の消費増税について「引き上げや使い道を含めて、景気条項を踏まえたい」と述べ、消費増税の是非は景気をみながら判断すべきだとの考えを示した。

国内景気の現状については「いざなぎ越えと言っても、そのような実感は乏しい」との認識を示した。併せて、増税の前に国の資産の売却を急ぐべきとの考えも説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン