/

ロシア、米国のシリア攻撃を非難 「米ロ関係に深刻な打撃」

ロシア政府は日本時間7日午後、米国によるシリア政府の軍事基地へのミサイル攻撃について「主権国家に対する侵略で、国際法違反だ」と非難した。ロシアと米国の関係に「深刻な打撃を与える」との見解も示した。

CNNなどの主要メディアがロシアのプーチン大統領の報道官のコメントとして伝えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン