/

小泉進次郎氏、遊説で国民の「飽き」や「不信感」を感じたと説明

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は22日夜、NHK番組に出演し、今回の衆院選の遊説における聴衆の反応について「全国で感じたのはおごりや緩みだけではなく、『飽き』だ」と述べた。学校法人「加計学園」の問題などに関し「不信感を持っている方々が全国にいる」との認識も示した。安倍晋三政権は信任を得られたか、との問いに答えた。

来秋の党総裁選で安倍首相の3選を支持するか、との問いには「政治の世界は何が起こるか分からない。来年のことを話すのは早いのではないか」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン