/

首相、消費増税2年半延期表明 「リスクに手を打つ」

記者会見

記者会見する安倍首相(1日午後、首相官邸)

安倍晋三首相は1日夕、第190通常国会の閉会を受けて官邸で記者会見し、2017年4月に予定していた消費税率10%への引き上げを19年10月まで2年半延期すると表明した。「危機に陥るリスクに手を打つべきだ。内需を腰折れさせかねない」などと理由を述べた。

安倍首相は先月27日、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)閉幕にあたっての記者会見で、世界経済について「大きなリスクに直面している」との見方を示していた。

安倍首相による10%への引き上げ延期は14年11月に続き2度目。当時は「さらに延期するのではないかといった声があるが、再び延期することはない。そう断言する」と記者会見で説明し、衆院解散・総選挙に踏み切った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン