/

トヨタ4~9月期、純利益3%増 2000億円自社株買い

決算会見するトヨタ自動車の河合満副社長(7日、東京都文京区)

トヨタ自動車が7日発表した2019年4~9月期の連結純利益(米国会計基準)は、前年同期比3%増の1兆2749億円だった。4~9月期としては15年を上回り過去最高となった。円高が逆風となったものの、自動車の販売台数増や原価低減が寄与した。

売上高は4%増の15兆2855億円、営業利益は11%増の1兆4043億円だった。為替変動の影響は営業利益を900億円押し下げる要因となったものの、原価低減で600億円、本業の営業強化で1850億円の利益改善となった。4~9月期の世界販売台数は前年同期に比べて16万1000台多い545万4000台だった。

20年3月期の純利益見通しは据え置いた。14%増の2兆1500億円を見込む。

同時に2000億円、3400万株(自己株式を除く発行済みの1.19%)を上限とする自社株買いを発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン