/

この記事は会員限定です

モノも場所もノウハウも 広がるシェアエコノミー

個人や企業間で交換・共有

[有料会員限定]

ソーシャルメディアの発達などで欧米を中心に広がる「シェアリングエコノミー」。モノやサービスなどを個人や企業間などで交換・共有し、効率的に活用するという考え方だ。「所有から利用へ」と個人の意識も変わるなか、日本でも関連サービスに取り組むベンチャー企業が増えている。2015年も新たな発想で拡大する市場に挑む動きが活発になりそうだ。

結婚式場・映画館…空き時間を貸し借り

結婚式場や映画館、野球場――。IT(情報技術)ベンチャーのスペースマー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン