2018年1月19日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

大相撲初場所中入り後取組・2日目

2018/1/14 18:20
保存
共有
印刷
その他

(西) (東)

大奄0―0竜電

錦木0―2朝山

石浦0―0阿炎

大栄0―1豊山

豪風5―3蒼国

大丸0―4輝 

琴勇2―2照富

千丸1―0安美

松鳳8―11栃煌

千国3―3魁聖

千翔2―2宝富

遠藤2―7勢 

隠岐1―2正代

栃心1―2荒鷲

千大3―2御嶽

玉鷲9―11嘉風

阿武0―2豪栄

高安11―11琴奨

逸城1―9白鵬

貴景0―0鶴竜

稀勢0―1北富

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

鶴竜白鵬宝富豪風玉鷲嘉風魁聖初場所

相撲 一覧

4敗目を喫し、支度部屋で髪を結い直す稀勢の里(18日)

 大相撲の西横綱稀勢の里関(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初場所6日目の19日、休場した。5日目まで4敗と不振だった。休場は5場所連続6度目。在位6場所で皆勤は1場所にとどまり、来場 …続き (7:37)

 この人が登場すると国技館のボルテージが明らかに上がる。四方にしこ名の入った手拭いが掲げられ、コールが起きることもしばしば。大きな期待に御嶽海が会心の相撲で応えている。
 この日の関脇対決も終始主導権を …続き (0:07)

4敗目を喫し、支度部屋で髪を結い直す稀勢の里(18日、両国国技館)=太田開介撮影

 大相撲初場所5日目(18日・両国国技館)横綱稀勢の里は平幕嘉風に押し倒され、3日連続金星配給で4敗目を喫した。同一横綱が2場所続けて3日連続で金星を配給したのは、1930年10月場所と31年春場所の …続き (18日 19:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]