/

この記事は会員限定です

日立の中村副社長「ROE2ケタ達成できる」

[有料会員限定]

日立製作所が31日発表した2014年4~6月期連結決算(米国会計基準)は営業利益が45%増の801億円だった。情報システムやインフラ関連が好調で、「スマート・トランスフォーメーション・プロジェクト(スマトラ)」と呼ぶコスト構造改革効果も利益を押し上げた。中村豊明副社長は記者会見で自己資本利益率(ROE)について、「今年度は8%台だが、中期経営計画が実現すれば2ケタ達成できる」と述べた。主なやりとり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン