/

この記事は会員限定です

川重が描く、ロボットが病院で働く日

[有料会員限定]

9月中旬、映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」のエンドロールを眺めていると「Kawasaki」の文字に目が止まった。調べてみると、川崎重工業製のアーム型ロボット「RS006L」「RS010N」「BX200L」が映画で登場したという。工場など製造現場では欠かせないロボット市場で、同社の存在感が高まっている。新たな市場として医療・医薬分野に進出し、年率15%の成長を見込む。

ロボット事業を含む精密機械事業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン