/

この記事は会員限定です

海運・鉄道株高で見えた 「決算後」の材料探し

証券部 武田健太郎

[有料会員限定]

船に鉄道に……。レジャーや帰省を連想させる銘柄が株式市場では上昇している。お盆で多くの人が休みを取るなか乗客が増えたから、というわけではない。船を運航する海運会社は、荷物や資源を積む大型船の市況が回復軌道に乗るとの見方が強まっている。鉄道では、京浜急行電鉄が羽田空港周辺でカジノ運営に乗り出すと報じられたことがきっかけだ。企業の決算シーズンが終わり夏枯れといわれる相場で、新たな材料に投資家の関心は向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン