/

この記事は会員限定です

夏枯れ相場に透ける不穏な動き

証券部 大越優樹

[有料会員限定]

それは、14時を過ぎての急速な動きだった。それまで前日比30円程度の小幅安で推移していた日経平均株価がスルスルと下げ足を速めた。原因は日経平均先物9月物に断続的に出された大規模な売り注文。その額は多い時には1分間に2000枚(1枚はおよそ1500万円)に上った。「外国人投資家の仕掛け的な動き」(国内証券ストラテジスト)という見立てが専ら。先物の日中売買高は5万枚超と7月18日以来の水準に膨らんだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン