/

この記事は会員限定です

日本株、基調一変 内閣改造で息吹き返すか

証券部 川路洋助

[有料会員限定]

「凪(なぎ)」のような地合いだった東京株式市場のムードが2日、一変した。日経平均株価が約7カ月ぶりの高値をつけたほか、売買代金も活況の目安となる2兆円に迫った。目を引くのが物色対象の変化だ。中小型株が中心だった前日までと打って変わって、メガバンク3銘柄や証券株などが売買代金上位に入った。3日の内閣改造への期待に加え、日銀が追加緩和で政府にエールを送るとの思惑が台頭し、金利敏感株を中心に主力株買いが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン