/

この記事は会員限定です

ソニー、スマホ失速転じて「福となす」か

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)事業は減損損失のリスクがある」。7月31日、ソニーの2014年4~6月期連結決算に伴う会見における吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)の発言が注目を集めた。ソニーの主力事業であるスマホで巨額減損となれば、15年3月期は前期に続き業績の下方修正に追い込まれかねない。今期は「構造改革をやりきる年」(吉田CFO)。スマホ失速に徹底した対策を打ってウミを出せば、災い転じて福となす可能性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1457文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン