2019年2月20日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,143,272億円
  • 東証2部 75,602億円
  • ジャスダック 89,765億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.48倍13.88倍
株式益回り7.41%7.20%
配当利回り1.87% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,302.65 +20.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 ±0

[PR]

マーケットニュース

フォローする

株、海外投資家が10週連続で売り越し 個人も2週連続売り越し 1月第3週

2019/1/24 16:24
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所が24日に発表した1月第3週(15日~18日)の投資部門別株式売買動向(東京・名古屋2市場、1部、2部と新興企業向け市場の合計)によると、海外投資家(外国人)は10週連続で売り越した。売越額は542億円だった。前の週は2905億円の売り越しだった。米国株が堅調な中で日本株に対する先安観が後退し、売越額が縮小した。

この週の日経平均株価は306円(1.50%)上昇した。米中貿易摩擦の緩和期待で、前の週に続き投資家心理が改善した。「指数が上昇する場面では、海外の短期利益目的の投資家が散発的な売りを出していた」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との見方があった。

一方、個人は2週連続で売り越した。売越額は996億円だった。前の週は1743億円の売り越しだった。「年末の株価下落で含み損を抱えた個人が多く、株価上昇にあわせて戻り待ちの売りを出していた」(東海東京調査センターの仙石誠シニアエクイティマーケットアナリスト)という。

信託銀行は9週連続で買い越した。買越額は259億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム