/

この記事は会員限定です

裁定取引の現物株買い残、2カ月半ぶり高水準 売り残は2カ月ぶり低水準 13日時点

[有料会員限定]

東京証券取引所が18日発表した13日時点の裁定取引に伴う現物株の買い残高(期近・期先合計)は2週連続で増加した。金額ベースで、前の週に比べて1170億円多い5274億円だった。9月4日時点(5530億円)以来、およそ2カ月半ぶりの高水準だった。増加幅は8月14日時点(1271億円)以来の大きさになった。

現物株の裁定売り残高は3週ぶりに減少した。売り残高は前の週に比べ2790億円少ない1兆7589...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン