/

この記事は会員限定です

裁定取引の現物株買い残、4506億円 3週連続で増加・2日時点

[有料会員限定]

東京証券取引所が7日発表した2日時点の裁定取引に伴う現物株の買い残高(期近・期先合計)は3週連続で増加した。金額ベースで、前の週に比べて69億円増の4506億円だった。

この週(9月28日~10月2日)の日経平均株価は174円72銭(0.75%)下落した。9月末の配当落ち影響度(約142円)を考慮すると、小幅な下落にとどまった。週初は配当や優待の権利取り狙いの買いや配当再投資の先物買いを背景に堅調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン