2019年1月19日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,963,547億円
  • 東証2部 73,303億円
  • ジャスダック 87,736億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率13.09倍13.30倍
株式益回り7.63%7.51%
配当利回り1.94% 2.02%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

株、信用買い残が2年5カ月ぶり高水準 3兆4304億円・6日時点

2018/2/6 17:48
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所が6日発表した2日申し込み時点の信用取引の買い残高(東京・名古屋2市場、制度信用と一般信用の合計)は3兆4304億円と、1月26日申し込み時点に比べて1383億円増えた。2015年8月21日申し込み時点(3兆5870億円)以来およそ2年5カ月ぶりの水準だった。増加は4週連続だった。

1月29日~2月2日の日経平均株価は357円(1.5%)下落した。円高・ドル安の進行で輸出企業の業績拡大期待が後退し売りが優勢となるなか、個人投資家は相場の流れに逆らう「逆張り」姿勢で信用の買い持ちを増やしたようだ。

信用買い残は直近の2週で計2922億円(9.3%)増えた。この局面で残高を積み増した個人投資家は週明け5~6日の株価急落で損失をこうむったとみられ、損失覚悟の手じまい売りが相場の下げをさらに加速させたとの見方が出ている。

2日申し込み時点の信用売り残は前の週より578億円少ない9363億円だった。減少は2週連続。

個別銘柄では、みずほFG富士通、野村などの信用買い残が増加した。東京ドームや積ハウスなどの信用売り残が減少した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム