2018年11月22日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,084,659億円
  • 東証2部 86,201億円
  • ジャスダック 93,548億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.50倍13.60倍
株式益回り7.40%7.34%
配当利回り1.82% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,507.54 -75.58
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,520 -20

[PR]

マーケットニュース

フォローする

株、海外投資家が5週ぶり買い越し 個人は売り継続・8月第5週

2018/9/6 18:37
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所が6日発表した8月第5週(8月27日~8月31日)の投資部門別株式売買動向(東京・名古屋2市場、1部、2部と新興企業向け市場の合計)によると、海外投資家(外国人)は5週ぶりに買い越した。買越額は483億円。米株式相場の上昇が続いたことで海外投資家の心理が改善し、日本株にも買いが優勢となった。

一方、個人は2週連続の売り越しだった。売越額は2363億円と、前の週(437億円)から大幅に拡大した。この週の日経平均株価は263円(1.2%)上昇し、取引時間中には節目の2万3000円を上回る場面もあった。「日経平均が節目に迫る場面で個人投資家の戻り待ちの売りが活発になった」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との声が聞かれた。

年金基金の売買動向を映すとされる信託銀行は3週連続の売り越しで、売越額は476億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム