小田急電鉄、台風被害

2020/3/5 22:34
保存
共有
印刷
その他

【台風被害】20年3月期は中心路線の複々線化や通勤客増などで鉄道の輸送人員が増える。マンションの販売戸数も増え増収。鉄道事業の人件費や減価償却費重い。19年の台風で被害を受けた箱根登山鉄道などの復旧費用を計上。減益。新型肺炎も懸念材料。21年3月期は特別損失がなくなり回復へ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]