テイ・エステック、減収減益

2019/8/30 15:21
保存
共有
印刷
その他

【減収減益】国内やアジア、欧州で主要顧客からの受注台数が減る。部品売り上げの低迷も響き減収。生産減で国内を中心に稼働率が悪化。新技術向けの研究開発投資や人件費の増加も負担となる。米州は経費抑制で採算改善も全体の苦戦を補えない。営業減益。最終益も減るが、年間配当は2円増の86円。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]