/

東洋製缶グループホールディングス、増収増益

【増収増益】20年3月期は飲料容器や包装容器の販売が減って減収。アルミ缶などの販売でカルテルを結んでいたとして公取委から課徴金。大幅な最終減益。21年3月期は課徴金の影響が無くなり増益へ。

【高付加価値品】香りなどの保持期間を2倍に高めた缶や、デザイン性の高いガラス瓶などを開発。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン