/

東洋合成工業、デジタル向けがけん引

【デジタル向けがけん引】主力の感光性材料は市況の改善でフラットパネルディスプレーや半導体向けの販売が堅調。香料などの化成品事業でも受注が増える。グリーンケミカル関連の製品も電子溶剤向けが底堅い。営業利益は大幅増。前期に為替差益が膨らんだ反動に加え、税負担も重くなり最終減益に。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン