/

フェイス、減益幅縮小

【減益幅縮小】完全子会社化した日本コロムビアが通年で寄与。音楽配信サービスを強化するが、音楽事業でヒット効果を保守的に見込み減収。開発費などの負担が重荷。関係会社株式売却で特別利益を計上するが最終減益。アニメ関連やアーティストのライブ売り上げが想定より伸び、減収減益の幅は期初予想より縮小。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン