/

昭和電工、石化回復基調

【石化回復基調】依然として世界的な鉄鋼需要減が響き、主力の黒鉛電極は販売価格が低迷。半導体関連の好調さに加え、石化事業の市況改善や在庫評価損の剥落などは追い風。旧日立化成の買収に伴うのれん代償却費が重しとなり、過去最大の最終赤字は避けられず。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン