/

和弘食品、増収減益

【増収減益】18年3月期は大手小売りや外食チェーン向け業務用調味料の販売が好調で増収。海外での売上高も伸びる。工場の稼働率が高まり製造原価率が低減。米国工場の減価償却負担もあり最終赤字だが赤字幅は大幅縮小。19年3月期は設備増強による省力化で人手不足の対応を強化。増収増益に。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン