/

ソフトフロントホールディングス、赤字幅縮小

【赤字幅縮小】中核会社のはがき・住所録ソフト開発「筆まめ」を売却。ソフトウエア開発や化粧品販売を伸ばす。前期からずれ込んだ翻訳関連業務の売り上げや、新規M&Aの効果も見込み増収へ。M&A関連の一時費用が減るほか、減損損失もなくなる。最終赤字は続くが赤字幅は縮小へ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン