最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,083.51 +42.25
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,080 +50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月20日(月)14:20

前田建設と前田道路 「親子」で異例の対立[映像あり]

すかいらーく 24時間営業を廃止 人手不足が背景

1月20日(月)13:00

[PR]

為替概況

外為12時 円、続伸 108円台半ば 対ユーロも高い

2019/12/9 12:32
保存
共有
印刷
その他

9日午前の東京外国為替市場で円相場は続伸した。12時時点では1ドル=108円60~61銭と前週末17時時点に比べ6銭の円高・ドル安水準で推移している。15日に米国の対中関税「第4弾」の全面発動を控え、米中貿易摩擦への警戒感から低リスク通貨とされる円に買いが入った。日経平均が上げ幅を縮める場面では歩調を合わせた円買いも入り、108円55銭近辺まで上昇する場面があった。

6日発表の11月の米雇用統計は非農業部門の雇用者の増加数が市場予想を上回った。ただ市場参加者の関心は米中協議に向かっており、雇用統計を材料とした円売りの勢いは限られた。9~12時の円の安値は108円64銭近辺で、値幅は9銭程度だった。

円は対ユーロで反発した。同時点では1ユーロ=120円04~05銭と同64銭の円高・ユーロ安水準で推移している。対ドルで円が買われた一方でユーロは売られ、円買い・ユーロ売りにつながった。

ユーロは対ドルで反落した。12時時点では1ユーロ=1.1053~54ドルと同0.0053ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。米雇用統計を受けて、対ユーロではドル買いが優勢だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム