/

新興株29日 ジャスダック、マザーズともに2日続落 下値では押し目買い

29日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は2日続落した。終値は前日比5円85銭(0.16%)安い3596円66銭だった。欧米で新型コロナウイルス感染が拡大し、経済活動正常化の鈍化懸念で売りが優勢だった。国内の感染動向が欧米ほど広がっていないことから、下値では押し目買いも入り次第に下げ幅を縮小した。

ジャスダック市場の売買代金は概算で546億円、売買高は1億449万株だった。出前館セリアハーモニックは下落した。半面、BBタワー大塚家具ストリームMが上昇した。

東証マザーズ指数は2日続落した。終値は前日比1.92ポイント(0.16%)安い1212.63だった。「主力銘柄の決算発表を控え、内容を確認したいとして様子見姿勢が広がりやすくなっている」(国内証券の投資情報担当者)との声があった。直近の新規株式公開(IPO)銘柄には短期的なリバウンドを意識した買いが入った。メルカリジーエヌアイ弁護士COMが下落した。連日で上場来高値を更新したマクアケのほか、BASEすららネットが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン