7/13 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  2. 2位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  3. 3位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  4. 4位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  5. 5位: REIT時価総額、物流型が一時トップに コロナで揺らぐ投資尺…[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

新興株29日 ジャスダック、マザーズともに続落 エブレンは売買不成立

2020/6/29 15:41
保存
共有
印刷
その他

29日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前週末比48円15銭(1.38%)安い3436円24銭だった。世界的な新型コロナウイルス感染の再拡大への警戒から、投資家のリスク回避姿勢が強まった。新興市場でも医薬やバイオ関連を中心に売りが先行した。

ジャスダック市場の売買代金は概算で808億円だった。売買高は2億8002万株。テラシンバイオリプロセルが下落した。半面、小僧寿しワークマンチエルは上昇した。

東証マザーズ指数は続落した。終値は前週末比28.75ポイント(2.74%)安い1018.61だった。直近の新規株式公開(IPO)銘柄を中心に利益を確定する動きが優勢で、フィーチャやロコガイド、コパなどが下落した。半面、すららネットフリーcottaなどは上昇した。

26日上場したコマースワンは上場2日目の29日の12時53分、公開価格(1600円)の4.4倍となる6970円で初値を付けた。その後は初値を下回って推移する時間が多く、終値は初値を640円(9.2%)下回る6330円で取引を終えた。

きょう上場のエブレンは買い気配のまま取引を終えた。気配値を公開価格(1350円)の2.3倍となる3105円まで切り上げた。売り注文6万4500株に対し、買い注文は24万5800株で、売買が成立しなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム