時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

新興株19日 ジャスダックは連日高値、マザーズも3日続伸 出遅れ物色

2019/11/19 15:27
保存
共有
印刷
その他

19日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比9円69銭(0.27%)高い3593円03銭となり、連日で年初来高値を更新した。2018年12月5日以来およそ11カ月半ぶりの高値水準。指数が高値圏にある中でも、内需株中心の新興銘柄には東証1部のハイテク関連株などに比べ出遅れ感が残っているとの見方が多い。19日も個人投資家などによる出遅れ物色の動きが優勢だった。香港・ハンセン指数や前日の米主要株価指数などの上昇も投資家心理を支えた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で567億円、売買高は1億2966万株。新興市場でも企業の決算発表が一巡した。業績動向を見極めたいとの様子見気分が後退し、物色意欲が高まった。個別では、ワークマンチエルナガオカが上昇した。半面、アエリアユニバーサルハーモニックは下落した。

東証マザーズ指数も3日続伸した。終値は前日比7.49ポイント(0.86%)高い876.46だった。指数寄与度が高い時価総額上位のマネフォメルカリ弁護士COMなどの上昇が指数を支えた。半面、サイバダインミクシィJIGSAWなどは下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム