2019年5月24日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,887,464億円
  • 東証2部 71,850億円
  • ジャスダック 86,058億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.79倍13.36倍
株式益回り7.24%7.48%
配当利回り2.09% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

国内株概況

新興株19日 ジャスダック小幅続落、マザーズ反発 任天堂に関心移る

2019/4/19 15:23
保存
共有
印刷
その他

19日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は小幅に続落した。終値は前日比22銭(0.01%)安い3450円48銭だった。家庭用ゲーム機の中国での販売承認に関する期待から「個人投資家の関心が任天堂(7974、1部)やその周辺銘柄に移っている」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)といい、新興銘柄への資金流入が細った。前日の米株高などが好感され朝方は堅調に推移する場面もあったが、換金売りなども出て相場の重荷となった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で346億円と前日(454億円)に比べ減少した。売買高は8000万株だった。ワークマン3DMシンバイオが下落した。半面、メイコーハーモニックが上昇した。任天堂関連株との思惑からシライ電子にも買いが集まった。

東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比4.60ポイント(0.49%)高い937.61だった。ラクスルアンジェスそーせいといった時価総額が比較的大きい銘柄に堅調さが目立ち、指数の支えとなった。半面、足元で資金を集めていたサンバイオロゼッタが大幅下落。メルカリも軟調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム