/

新興株9日 マザーズが連日で年初来高値更新、ジャスダックは5日続伸

9日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は5日続伸した。終値は前日比15.00ポイント(1.14%)高い1334.84と2018年2月以来2年8カ月ぶりの高値を連日で付けた。「大きな調整がなく上がり続けていることから比較的息の長い上昇が見込めるとの安心感が個人投資家の買いを誘い相場を支えているようだ」(国内証券の投資情報担当者)との声があった。マザーズ市場の時価総額は9兆8963億円に達し、過去最高を更新した。弁護士ドットコムHENNGEGMO-FGが上昇した。メルカリBASEサイバダインが下落した。

日経ジャスダック平均株価は5日続伸した。終値は前日比11円48銭(0.32%)高い3645円17銭だった。2月21日以来の高値を回復した。

ジャスダック市場の売買代金は概算で611億円、売買高は1億2087万株だった。ワークマン出前館セリアが上昇した。半面、ハーモニックBBタワーチエルは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン