2018年6月20日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,569,715億円
  • 東証2部 99,539億円
  • ジャスダック 109,071億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.61倍15.04倍
株式益回り6.84%6.64%
配当利回り1.63% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,278.48 -401.85
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,180 -440

[PR]

国内株概況

新興株9日 ジャスダックとマザーズ続伸 バイオが堅調

2018/3/9 15:37
保存
共有
印刷
その他

 9日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は小幅ながら続伸した。終値は前日比3円97銭(0.10%)高い4045円85銭だった。東証1部の大型株が総じて堅調に推移するなかで個人投資家の運用リスクをとる姿勢が広がり、新興企業株にも買いが入った。テラやラクオリアなどバイオ銘柄に買いが集まった。午後は日経平均株価が一時下げに転じ、ジャスダック平均も伸び悩んだ。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で865億円、売買高は1億866万株だった。セルシード明豊エンターフェローテクが上げた。半面、北朝鮮リスクの後退で防毒マスクの重松製や照明弾の細谷火工は下げた。セリアハーモニックも下落した。

 東証マザーズ指数も続伸した。終値は前日比3.44ポイント(0.29%)高い1209.68だった。バイオのメドレックスそーせいが上昇し、メドピア総医研HDも上げた。一方、2月28日に新規上場したJテック・Cは下落した。東証1部か2部への市場変更を申請したフィルCは朝高の後、利益確定売りにおされて下げに転じた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム