時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,438,744億円
  • 東証2部 71,098億円
  • ジャスダック 95,667億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率14.97倍15.70倍
株式益回り6.67%6.36%
配当利回り1.92% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,104.30 +65.72
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,110 +60

[PR]

国内株概況

新興株28日 ジャスダック、マザーズ反落 IPO銘柄の商い膨らむ

2019/3/28 15:40
保存
共有
印刷
その他

28日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前日比14円14銭(0.41%)安い3433円22銭だった。米中の閣僚級協議など重要な市場日程の結果待ちで買いが手控えられ、東証1部の大型株が大きく売られた。この流れを受け、新興株市場でも時価総額の大きい銘柄を中心に売りが広がった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で417億円、売買高は8180万株だった。ハーモニック夢の街創造マクドナルドが下落した。半面、セリアジョルダンヒューマンは上昇した。

東証マザーズ指数も反落。終値は前日比5.47ポイント(0.57%)安い955.65だった。アンジェスが1銘柄で指数を4ポイントあまり下押しした。そのほかフィンテックラクスルが下落した。そーせいALBERTロゼッタが上昇した。

マザーズ市場に上場した3銘柄はいずれも初値が公募・売り出し(公開)価格を上回った。NATTY、日本ホスピス、フレアスの3銘柄は全てマザーズ市場の売買代金ランキングで10位以内に入り、新規株式公開(IPO)銘柄への投資家の関心の高さをうかがわせた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム