時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,504,912億円
  • 東証2部 73,447億円
  • ジャスダック 95,550億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.13倍15.77倍
株式益回り6.60%6.34%
配当利回り1.89% 1.90%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,520.01 +188.17
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,550 +250

[PR]

国内株概況

新興株8日 ジャスダック3日続伸、マザーズ反発 IPO2銘柄が初値

2019/10/8 15:35
保存
共有
印刷
その他

8日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比8円58銭(0.25%)高い3399円54銭となった。8月2日以来、約2カ月ぶりの水準を回復した。同日は、外国為替市場での円安・ドル高進行や中国・上海市場などアジア株高を背景に、東証1部の主力銘柄で構成する日経平均株価が反発した。個人投資家などがやや運用リスクを取る姿勢を強め、新興市場でも買いが優勢となった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で432億円、売買高は6081万株。米中間の閣僚級貿易協議などを控えた様子見気分も残り、ワークマンマクドナルドといった業績が堅調な内需株の上昇が目立った。その他、リバーエレセリアも買われた。半面、カルナバイオニューフレアFVCなどは下落した。

東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比7.54ポイント(0.87%)高い875.96だった。サイバダインそーせいブシロードが上げ、指数の上昇に寄与した。一方で、サンバイオロゼッタジーエヌアイは下げた。

8日、マザーズ市場に新規上場したHENNGEは初値を4.8%下回る1904円で初日を終えた。午前に公募・売り出し価格(公開価格、1400円)を42.9%上回る2001円で初値を付けた。

同日マザーズに上場したAIクロスは制限値幅の上限(ストップ高水準)となる初値比400円(22.2%)高の2200円で終えた。午前に公開価格(1090円)を65.1%上回る1800円で初値を付けていた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム