2019年2月20日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,481億円
  • 東証2部 75,964億円
  • ジャスダック 90,031億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍13.93倍
株式益回り7.38%7.17%
配当利回り1.87% 1.95%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,431.49 +128.84
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,420 +120

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

2月20日(水)14:20

REIT型投信に個人回帰 2年3カ月ぶり流入超[映像あり]

パソナ 企業向け外国人材支援サービス

2月20日(水)13:00

[PR]

国内株概況

新興株18日 ジャスダックとマザーズ大幅安、換金売り膨らむ

2018/12/18 15:48
保存
共有
印刷
その他

18日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は大幅に3日続落した。終値は前日比65円46銭(1.90%)安の3371円08銭と、連日で年初来安値を更新した。米株式相場の急落の流れを引き継いで日経平均株価が大幅安となり、個人投資家の心理が悪化。新興株市場でも時価総額が大きい銘柄を中心に売りが膨らんだ。市場では「19日のソフトバンク(1部、9434*J)上場に備え、(投資資金確保のための)換金売りを出す個人投資家も多かった」(国内証券の情報担当者)との声が聞かれた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で572億円、売買高は9888万株だった。マクドナルドジャストプラ、ユニバーサルが下落した。半面、テリロジーやジェネックス、ジェイテックは上昇した。

この日新規上場した建築構造物の解体工事などを手掛ける田中建設工業は、午前に公募・売り出し価格(公開価格、2400円)を7.1%上回る2570円で初値を付けた。その後は利益確定の売りに押され、終値は初値を6.7%下回る2399円だった。

東証マザーズ指数も大幅に3日続落した。終値は前日比35.82ポイント(3.93%)安い875.76と、10月30日以来およそ1カ月半ぶりの安値。メルカリが約9%下げたほか、ALBERTUUUMも安い。一方、サンバイオエニグモピアラが上げた。

新規上場したビッグデータや人工知能(AI)を活用した経営コンサルティングなどを手掛けるTDSEは、午後に公開価格の3200円を98.4%上回る6350円で初値を付けた。終値は6680円と、初値を5.2%上回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム