時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,211,235億円
  • 東証2部 68,226億円
  • ジャスダック 98,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.75倍24.83倍
株式益回り5.06%4.02%
配当利回り1.95% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,516.59 +42.32
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -10

[PR]

国内株概況

新興株18日 マザーズ、2年5カ月ぶり高値 ジャスダックは反発

2020/9/18 15:36
保存
共有
印刷
その他

18日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は反発。終値は前日比5.98ポイント(0.51%)高い1183.98となった。年初来高値を更新し、2018年4月以来2年5カ月ぶりの高値を付けた。

「デジタル庁」関連銘柄との見方があるHENNGEなど、菅義偉内閣の政策に関連するとみられる銘柄に買いが集まった。ALBERT、フリーなどのIT(情報技術)関連やケアネット、JMDCなどのオンライン医療関連も買われた。半面、BASEメルカリは下落。2020年9月期の連結最終損益が赤字の見通しを発表したバンクオブイは制限値幅の下限(ストップ安)で配分された。

日経ジャスダック平均株価は反発。終値は前日比21円08銭(0.59%)高い3596円58銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で531億円、売買高は1億2215万株だった。BBタワーは制限値幅の上限(ストップ高)で配分された。ハーモニックNo.1も上昇した。半面、ワークマンウエストHDマクドナルドは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム