時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,573,787億円
  • 東証2部 57,840億円
  • ジャスダック 76,537億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.05倍 --
株価収益率13.25倍14.32倍
株式益回り7.54%6.98%
配当利回り2.26% 2.26%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,389.43 +724.83
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,080 +720

[PR]

国内株概況

新興株28日 ジャスダック4日続落、マザーズ指数は4年ぶり安値

2020/2/28 15:39
保存
共有
印刷
その他

28日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は大幅に4日続落した。終値は前日比196円97銭(5.64%)安い3294円92銭だった。2019年8月以来半年ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して個人投資家が信用買いを入れている東証1部の主力株が急落し、投資家心理が悪化した。

ジャスダック市場の売買代金は概算で867億円、売買高は2億426万株と18年10月以来の水準に膨らんだ。ワークマンが急落し、第一商品は制限値幅の下限(ストップ安)まで売られたほか、ハーモニックリプロセルが軟調だった。半面、フィスコチエル出前館は上昇した。

東証マザーズ指数は大幅に続落した。終値は前日比46.94ポイント(6.28%)安い700.63と、16年2月以来4年ぶりの安値に沈んだ。機関投資家の売りや信用買いを入れている個人投資家からの追加証拠金(追い証)の差し入れを回避する目的の売りが指数を下押しした。心理的な節目の700を下回る場面があった。サンバイオフリーBASEが下落した。半面、メルカリカイオムバーチャレクが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム