時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,084,404億円
  • 東証2部 54,388億円
  • ジャスダック 72,726億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率12.10倍13.30倍
株式益回り8.26%7.51%
配当利回り2.50% 2.50%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,818.72 -246.69
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,860 +40

[PR]

国内株概況

新興株18日 ジャスダック5日続落、マザーズは昨年来安値

2020/2/18 15:41
保存
共有
印刷
その他

18日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は5日続落した。終値は前日比47円90銭(1.28%)安い3695円25銭だった。新型肺炎の感染拡大が国内の企業業績を押し下げるとの見方が引き続き重荷となり、新興市場でも幅広い銘柄に売りが出た。ワークマンなど主力株の下落も指数を押し下げた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で762億円、売買高は1億940万株だった。重松製免疫生物研が下落した。半面、中京医薬ユニバーサル多摩川HDは上昇した。

東証マザーズ指数は3日続落した。終値は前日比20.18ポイント(2.43%)安い808.62だった。約2週間ぶりに昨年来安値を更新し、2018年12月26日以来の水準まで下落した。第三者割当増資を発表したアンジェスが制限値幅の下限(ストップ安)水準まで下落し、指数の重荷となった。

そーせいサイバダインも売られた。半面、テレワーク推進の動きが国内企業に広がり、地方自治体向けにテレワーク支援を業務の一部として手掛けるITbookが恩恵を受けるとの見方から上昇した。AimingMTGも買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム