時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,413,851億円
  • 東証2部 73,279億円
  • ジャスダック 94,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率14.92倍15.61倍
株式益回り6.70%6.40%
配当利回り1.92% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,141.55 -178.32
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,120 -180

[PR]

国内株概況

新興株17日 ジャスダックとマザーズ小反発 投資心理改善、上値追いは限定

2019/10/17 15:27
保存
共有
印刷
その他

17日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は小幅ながら反発した。終値は前日比5円49銭(0.16%)高い3416円38銭となった。東証1部の主力銘柄で構成する日経平均株価が年初来高値圏で推移しており、新興市場でも運用リスクを取る投資家が増えた。もっとも、日本株相場が上昇する中でも個人投資家の投資余力はさほど改善していないとの見方が多く、指数には上値の重さが目立った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で492億円と前日(680億円)と比べて低調だった。売買高は6955万株。米中貿易交渉の先行き不透明感をはじめ外部環境に引き続き懸念材料が多く、相対的に流動性に乏しい新興銘柄の買い手控え要因となった。個別では、ワークマンアエリアマクドナルドが上昇した。半面、プロパスト田中化研日本興業は下落した。

東証マザーズ指数も小反発した。終値は前日比0.56ポイント(0.07%)高い837.32だった。時価総額上位の銘柄のうち、そーせいマネフォミクシィなどが買われ、指数の上昇を支えた。一方で、Sansanサンバイオジーエヌアイは下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム