/

新興株17日 ジャスダック年初来安値、マザーズ3%安

17日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前週末比35円73銭(1.03%)安の3436円54銭だった。年初来安値を更新し、2017年9月以来1年3カ月ぶりの低水準を付けた。今週はソフトバンク(9434*J)を筆頭に新規株式公開(IPO)が相次ぐ。新規上場銘柄への投資資金を捻出するため、新興市場の既存主力銘柄に換金売りが出た。今月に入ってからの株式相場全体の下落基調で個人投資家の投資余力が乏しくなっており、押し目買いが入りにくかった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で580億円、売買高は8627万株だった。テリロジーマクドナルドハーモニックが下落した。半面、ジャストプラメイコーは上昇した。

東証マザーズ指数も大幅に続落した。終値は前週末比30.43ポイント(3.23%)安い911.58とおよそ1カ月半ぶりの安値だった。ALBERTサンバイオメルカリが下落した。一方、UUUMエニグモが上昇した。

ジャスダック市場にきょう新規上場した投資用マンション企画・開発のグッドライフは午前に公募・売り出し価格(公開価格、1600円)を21.9%上回る1951円で初値を付けた。その後は利益確定売りに押され、終値は初値を11.5%下回る1727円だった。

介護や医療分野に特化した人材派遣や紹介事業を手掛けるツクイSTFも同じくジャスダック市場に新規上場し、午前に公開価格の2630円を53.2%上回る4030円で初値を付けた。終値は4200円と、初値を4.2%上回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン