2018年10月21日(日)

10/21 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 投資家の「恐怖」が和らぐきっかけは(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  3. 3位: 金、くすぶる先高観 リスク回避で本格上昇も[有料会員限定]
  4. 4位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏
  5. 5位: ギフト田川社長「横浜家系ラーメンでシェア4割」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,374,859億円
  • 東証2部 90,110億円
  • ジャスダック 100,308億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.15倍14.39倍
株式益回り7.06%6.94%
配当利回り1.73% 1.79%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

国内株概況

新興株17日 ジャスダックとマザーズ反発 HEROZが高い

2018/5/17 15:32
保存
共有
印刷
その他

17日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに反発した。終値は前日比15円21銭(0.39%)高い3940円01銭だった。16日の米株式相場の上昇を手がかりに、投資家が運用リスクを回避する姿勢を和らげた。東証1部銘柄と比べて値動きの激しい中小型株にも買いが入った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で580億円、売買高は9000万株だった。ハーモニックやオークション運営のシンワワイズ、地理情報システム(GIS)ソフト開発のドーンが上昇した。半面、マクドナルドやセルシード、半導体製造装置部品のフェローテクは下げた。

東証マザーズ指数も反発した。終値は前日比25.31ポイント(2.25%)高い1152.35だった。時価総額上位のミクシィサイバダインが上昇した。人工知能(AI)開発のHEROZの上げも目立った。一方、ビッグデータ解析のメタップスやダイヤモンド工具の中村超硬は下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム