2018年5月26日(土)

5/26 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 空売り投資家、ネットメディアの成長性に白旗[有料会員限定]
  2. 2位: 米国株、ダウ続落し58ドル安 石油株の下げ目立つ 北朝鮮や欧州の政治リスクも重荷
  3. 3位: 「無目標」企業の株価軟調 潜む成長サインで再評価も[有料会員限定]
  4. 4位: 武田、割れる信用力評価 カネ余りの国内投資家は楽観[有料会員限定]
  5. 5位: NY商品 原油が続落、減産緩和の思惑で 金は反落
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,669,086億円
  • 東証2部 99,348億円
  • ジャスダック 113,613億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.35倍 --
株価収益率14.84倍15.28倍
株式益回り6.73%6.54%
配当利回り1.60% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.79 +13.78
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

国内株概況

新興株17日 ジャスダックとマザーズ反発 HEROZが高い

2018/5/17 15:32
保存
共有
印刷
その他

 17日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに反発した。終値は前日比15円21銭(0.39%)高い3940円01銭だった。16日の米株式相場の上昇を手がかりに、投資家が運用リスクを回避する姿勢を和らげた。東証1部銘柄と比べて値動きの激しい中小型株にも買いが入った。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で580億円、売買高は9000万株だった。ハーモニックやオークション運営のシンワワイズ、地理情報システム(GIS)ソフト開発のドーンが上昇した。半面、マクドナルドやセルシード、半導体製造装置部品のフェローテクは下げた。

 東証マザーズ指数も反発した。終値は前日比25.31ポイント(2.25%)高い1152.35だった。時価総額上位のミクシィサイバダインが上昇した。人工知能(AI)開発のHEROZの上げも目立った。一方、ビッグデータ解析のメタップスやダイヤモンド工具の中村超硬は下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム