2018年12月17日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,007,938億円
  • 東証2部 78,593億円
  • ジャスダック 90,519億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率13.32倍13.43倍
株式益回り7.50%7.44%
配当利回り1.85% 1.93%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,374.83 -441.36
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 -480

[PR]

国内株概況

新興株7日 ジャスダックとマザーズ4日続落、IPO集中前に買い控え

2018/12/7 15:43
保存
共有
印刷
その他

7日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は小幅ながら4日続落した。終値は前日比3円01銭(0.08%)安の3552円17銭だった。米中関係が悪化すれば世界経済の重荷になるとの見方から、外需株や直近上昇が目立った銘柄を中心に売りが優勢となった。市場では「12月中旬以降の新規株式公開(IPO)ラッシュを控え、積極的な買いを控える個人投資家が多かったようだ」(いちよし証券の宇田川克己投資情報部課長)との声が聞かれた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で523億円、売買高は8441万株だった。シンバイオやユニバーサル、ハーモニックが下落した。半面、テリロジーやジェイテック、秋川牧園は上昇した。

東証マザーズ指数も小幅に4日続落した。終値は前日比0.31ポイント(0.03%)安の980.61。サンバイオオンコリスが下げ、メルカリは連日で上場来安値を更新した。一方、ALBERTオイシックスアズームが上げた。「直近買われていた銘柄や時価総額が大きい銘柄が売られ、IPOをしたばかりの銘柄に資金が流れていた」(国内証券の情報担当者)という。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム