2018年5月28日(月)

5/28 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「トランプ発」世界貿易の玉突きリスク 市場は欧州を警戒[有料会員限定]
  2. 2位: ミセス・ワタナベ狩りか トルコリラで投機筋と攻防[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 小幅続伸、米朝会談再調整で輸出株に買い 売買低水準
  4. 4位: 株、証券安が映す投資家の弱気 「米朝融和」でも戻り鈍く[有料会員限定]
  5. 5位: 東証14時 動意に乏しい、日銀のETF買い観測が下支え
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,662,655億円
  • 東証2部 99,480億円
  • ジャスダック 113,204億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.83倍15.27倍
株式益回り6.74%6.54%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,481.09 +30.30
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,490 +50

[PR]

国内株概況

新興株7日 ジャスダックとマザーズ反発、半導体関連に買い

2017/12/7 15:31
保存
共有
印刷
その他

 7日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに反発した。終値は前日比49円21銭(1.31%)高い3819円12銭だった。前日に大幅安となった日経平均株価が反発して投資家心理が改善し、新興企業株にも買いが優勢になった。前日まで下げが目立ったハーモニックやアバールといった半導体関連銘柄への買いが目立った。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で849億円、売買高は1億597万株だった。不二精機マクドナルドレイなども上昇した。半面、Tワークスビーマップセリアなどが下落した。

 東証マザーズ指数も4営業日ぶりに反発し、終値は前日比22.40ポイント(1.97%)高の1159.15だった。11月21日に新規上場したサインポストが続伸した。ALBERT中村超硬も上げた。一方、ディディエアクセルMエンバイオHは下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム