時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,318,681億円
  • 東証2部 67,522億円
  • ジャスダック 98,582億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率19.97倍25.37倍
株式益回り5.00%3.94%
配当利回り1.89% 1.67%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,539.10 +27.48
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,520 +230

[PR]

国内株概況

新興株7日 ジャスダック続落、マザーズ反発 T&S売買成立せず

2020/8/7 15:35
保存
共有
印刷
その他

7日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前日比1円63銭(0.05%)安い3432円71銭だった。2020年4~6月期決算の内容から新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きいことが明らかになった銘柄に売りが出た。海外では米雇用統計の発表があるほか国内ではあすからの3連休を控え、目先の利益を確定する売りも出た。

ジャスダック市場の売買代金は概算で466億円、売買高は1億3230万株だった。ワークマンハーモニックケイブが下落した。半面、通期業績の上振れへの期待からホロンが急伸。東映アニメは動画配信サービスの「ユーチューブ」にアニメ作品を配信するとの報道が伝わり、収益機会につながるとの期待から買いが入った。

東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比12.05ポイント(1.18%)高い1035.19だった。終値ベースでは6月26日以来およそ1カ月半ぶりの高値を付けた。メルカリは前期の連結売上高が大きく伸びたほか、米国事業で黒字化への期待から買いが入り指数を押し上げた。一方、ベガコーポAimingメドピアが下落した。

7日に東証マザーズ市場に新規上場したT&Sは買い気配のまま売買不成立で上場初日の取引を終えた。気配値を公募・売り出し価格(公開価格、2800円)の2.3倍にあたる6440円に切り上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム