時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,589,029億円
  • 東証2部 78,465億円
  • ジャスダック 102,328億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.31倍16.20倍
株式益回り6.53%6.16%
配当利回り1.86% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,827.18 +31.74
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,790 +40

[PR]

国内株概況

新興株16日 ジャスダックが続伸 マザーズは4日続落、サンバイオ急落で

2019/12/16 15:33
保存
共有
印刷
その他

16日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続伸し前週末比16円62銭(0.44%)高い3754円01銭で終えた。業績が好調で値動きが良好な銘柄に機関投資家から買いが入った。ワークマンなど成長期待が根強く株価指標面で割高とされる内需株の上昇が目立った。新興株の上昇が続いていることで、「買い遅れを警戒する投資家の買いも入っていた」(国内証券のストラテジスト)との声が出ていた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で682億円と2月28日以来の水準に膨らんだ。売買高は8296万株だった。ワークマンが上場来高値を更新し、心理的節目の1万円台に乗せた。ニューフレアハーモニックセリアが上昇した。半面、大塚家具日本一ソフトカルナバイオが下げた。

東証マザーズ指数は4日続落し、前週末比12.18ポイント(1.38%)安い873.09だった。大日本住友と慢性期脳梗塞向け医薬品を巡る共同開発の契約を解消すると発表したサンバイオが急落し、指数を押し下げた。そーせいなどのバイオ株にも売りが出た。

16日にマザーズ市場に上場したランサーズは9時25分に公募・売り出し価格(公開価格)を15.3%上回る842円で初値を付けた。終値は779円だった。同日上場したJMDCは9時59分に公開価格を32.5%上回る3910円で初値を形成。終値は3755円と初値を下回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム