2018年12月14日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,100,835億円
  • 東証2部 79,593億円
  • ジャスダック 91,592億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.53倍13.64倍
株式益回り7.38%7.32%
配当利回り1.81% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,816.19 +213.44
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,850 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

12月13日(木)14:18

景気拡大が「いざなぎ超え」判定 戦後2番目の長さ[映像あり]

防衛大綱 陸海空統合で新領域対応 与党に提示

12月13日(木)13:02

[PR]

国内株概況

新興株16日、ジャスダックとマザーズは反落 政局懸念くすぶり

2018/4/16 15:33
保存
共有
印刷
その他

16日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前週末比40円73銭(1.03%)安い3910円99銭だった。国内政治の混迷による悪影響などへの懸念がくすぶり、運用リスクを可能な限り減らそうとする雰囲気が強かった。東証1部銘柄と比べて収益の振れ幅が大きい傾向がある中小型株を敬遠する動きにつながった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で654億円、売買高は1億3309万株だった。オーディオ機器のオンキヨーやソフト開発のドーン、医療用細胞シート開発のセルシードは下げた。アニメ制作のIGポートやマンション開発のプロパストが上げた。

東証マザーズ指数も反落し、34.00ポイント(2.94%)安の1122.39で終えた。携帯電話向け関連サービスのUNITEDや創薬ベンチャーのそーせい、ソフトウエアの品質保証を手がけるSHIFTが下落した。中古品販売のSOUやコンサルティングのベイカレントは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム