6/2 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ファストリからニトリへ 小売株物色に浮かぶ長期投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均が続伸、終値263円高の2万2325円 買い戻し
  3. 3位: メルカリ、「巣ごもり特需」でも遠い米事業黒字化[有料会員限定]
  4. 4位: 長巻きトイレ紙、在宅生活で売れ行き伸長[有料会員限定]
  5. 5位: 消えた業績予想 銘柄選びに効く3指標は[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,056,955億円
  • 東証2部 65,647億円
  • ジャスダック 92,777億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率19.00倍24.73倍
株式益回り5.26%4.04%
配当利回り2.03% 1.29%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,325.61 +263.22
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,370 +250

[PR]

国内株概況

新興株6日、ジャスダック、マザーズともに反発 松屋R&Dは公開価格下回る

2020/4/6 15:31
保存
共有
印刷
その他

6日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は6営業日ぶりに反発した。終値は前週末比40円03銭(1.41%)高い2874円96銭だった。米ニューヨーク州で新型コロナウイルスの感染による死者数が前の日に比べ減少したなどと伝わったのを受け、投資家心理が上向き買いが優勢になった。オンライン医療関連やマスク関連が買いを集めていた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で368億円、売買高は7796万株だった。興研重松製などのマスク関連、出前館が上昇した。半面、OSGコーポメイコーなどは下落した。

東証マザーズ指数は4営業日ぶりに反発した。終値は前週末比21.16ポイント(3.56%)高い614.79だった。メドレー、MRTなどのオンライン医療関連銘柄は大幅上昇。メルカリジーエヌアイも買われた。半面、UUUMアンジェスは下落した。

きょうマザーズに新規上場した松屋R&Dは9時15分に公募・売り出し価格(公開価格、910円)を72円(7.9%)下回る838円の初値を付けた。その後は見切り売りなどに押され、811円と公開価格を10.8%下回る水準で初日の取引を終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム